【和歌山県】タチウオの聖地!和歌山県で釣れる激アツポイントを紹介します

ソルト

和歌山県はタチウオの漁獲量が全国で1位、2位を争うトップクラスである事をご存知でしょうか?

漁獲量が1位だからと言って、釣りも同じように釣れるというのは違うんじゃないの?と思われたあなた。タチウオ釣りにおいて和歌山県のポテンシャルの高さはかなりのモンです。

タチウオに限らず、和歌山県は釣りの聖地と行っても過言ではない程、無数に釣り場が存在します。和歌山県の中でも、南部は磯場が多く、黒潮の恩恵もあり、グレ釣りやアオリイカ釣りが非常に盛んです。

そして特に和歌山北部(紀北エリア)は、チウオ釣りが盛んなのです。

今回は、そんな和歌山北部、特に和歌山市周辺を中心とした、タチウオ激アツポイントをご紹介します。

和歌山県で釣れる激アツポイント

①加太大波止

 

出典:アンカレ

加太は和歌山市の北西部に位置し、大阪府との県境で、目の前に淡路島、紀淡海峡があり、非常に潮流の激しいポイントであります。

潮通しが良い為、青物なども多く、ブリクラスの回遊もあり、加太の鯛はブランドになる程有名です。

タチウオ以外の魚種も豊富で、人気スポットではありますが、比較的上級者向けのポイントです。時間帯を見極めて釣行しないと、川のように流れている時間帯があり、釣りにならない状態になる事も。

その代わり、HITすれば大型も多く、指4本サイズもよく釣れます。私もお気に入りのポイントで、二桁釣果もあり、最大で20匹程釣った経験もあります。

しかし、先述の通り、時間帯によっては流されて釣りにならない事もよくあります。色々な意味で面白いポイントですので、是非一度足を運んでみて下さい。

②青岸

 

出典:釣りのネタ帳

和歌山市を流れる紀の川河口に位置し、和歌山港湾の一部で、水深もあり、年中タチウオが狙え、紀北エリアを代表するポイントの一つでもあります。

青岸と言っても、非常に広大なポイントで、車が横付け出来るポイントから、大波止までのストロークの長いポイントなど、どこに入るか迷ってしまいますが、まず一級ポイントは大波止の先端にある白灯周りです。

青岸に入ったらまず、ここに入るのが良いでしょう。

そして、暗くなると共に湾奥に入ってくる傾向があります。早い時間帯に入れるなら先端、暗くなってからだと湾奥の方が良い傾向にあります。

私は、早い時間帯に先端に入るより、暗くなってから湾奥ポイントでじっくり釣る方が好みです。

これはあくまでも一個人の感想で、全く逆でマズメ時の方が断然良いという方もいらっしゃるでしょう。

これは釣り方が大きく左右していると思います。あなたの好きな時間帯、釣り方でこのメジャースポット青岸に釣行してみて下さい。

③水軒鉄鋼団地

 

出典:フィッシングマックス

こちらも青岸と同様に和歌山港湾に位置し、ちょうど青岸が北側、水軒が南側といった形で似たエリアになります。

こちらも水深があり、年中タチウオが狙えるポイントであります。最盛期前の夏場や、冬場など、数は釣れませんが、ドラゴン級のタチウオが潜んでいます。

私も以前6月頃に釣行した際、指5本をはるかに超えるタチウオを釣り上げた経験があります。

最盛期には青岸同様、この水軒ともタチウオより、釣り人のほうが多いのではないか。と思う程、混雑する人気ポイントで、和歌山エリアを代表するタチウオポイントです。

和歌山に来た際は必ず立ち寄ってみて下さい。

④雑賀崎漁港

 

http://www.backpackerwebs.com/japan-kansai-chugoku-shikoku/files/2016/04/shi-09996.jpg

和歌山市南部に位置する雑賀崎漁港。こちらのポイントは雑賀崎漁港の外向き、埋め立て場がタチウオ釣りの好ポイントとなります。

青岸・水軒と違って、そんなに水深のあるポイントではありませんが、秋頃の最盛期になるとコンスタントに釣れ、型は望めませんが、比較的数が釣れるポイントです。

青岸・水軒が混雑で入れなかったり、ウンザリされた方は一度こちらに立ち寄ってみては?私も混雑する所が苦手で、よく訪れるポイントです。

また、和歌山のアマルフィ?と呼ばれる程、景観の良い所でもありますのて、行くだけでも価値があるかも?です。

⑤田ノ浦漁港

 

出典: 近畿・北陸、釣り場ガイド|みどりの波止釣りナビ

こちらは先述の雑賀崎漁港の隣にある漁港で同じく和歌山市南部に位置しています。

外向きに張り出している一文字一体がポイントとなります。

一文字東側の水深が深く、真ん中は磯場で、タチウオには不向きです。

西側も狙えるポイントですが、東側より、水深が浅くなっており、どちらかと言えば東側が有望かと思います。

しかし、東側は足場が高く、夜間は特に注意が必要です。

私はここであまり良い釣果を出した事がありませんが、某釣り番組でよく取材に来るタチウオの好ポイントですので、是非一度足を運んでみて下さい。

⑥和歌浦漁港

 

https://i.ytimg.com/vi/2T7SyujwC-s/maxresdefault.jpg

こちらも和歌山市南部に位置し、先述の田ノ浦漁港の東側に位置しています。

こちらのタチウオポイントは方男波海水浴場側の堤防外向き一体がポイントです。足場が狭い所が好ポイントとなっています。

夜間は足下に十分に注意して下さい。

このポイントも雑賀崎、田ノ浦と同じ和歌浦湾に面していて、釣れるサイズや、数、時期とも似たような感じになっています。

私ではありませんが、行くたびに毎回20匹は釣る名人がいます。名人だからそれだけ釣れる。とも言えますが、タチウオポイントしてのポテンシャルも高いという事です。

⑦和歌山マリーナシティ

 

出典: C’est la vie

和歌山市の観光スポットでもあるマリーナシティはタチウオの釣り場としても有名なポイントで、西側の大波止一帯外向きがポイントです。

非常に広大なポイントですので、どこに入るか、迷ってしまうくらいです。

しかし、最盛期の秋シーズンになると、なかなか入れなかったりする事も。そんな時は内向きの黒潮市場側も十分釣れるポイントにも関わらず、人が少なめですので、その状況に陥った時は是非狙ってみて下さい。

このマリーナシティは型、数とも狙えるポイントで、メーター級、ドラゴンクラスがよく上がる所で知られています。

私はここで、ドラゴンクラスを釣り上げた経験はありませんが、知人や、釣具屋情報でもよく耳にします。

青岸、水軒に並ぶ、和歌山市三大タチウオスポットの一つがこのマリーナシティです。

万一、釣れなくてもマリーナシティ内に温泉もありますので、心の傷を癒やしからお帰り下さい(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は和歌山市のみのポイント紹介となってしまいましたが、和歌山市の隣、海南市、有田市から御坊市方面にかけてもタチウオポイントが複数存在し、今回紹介したメジャーポイントにしのぎを削るポイントも存在します。

そちらはまた次の機会にご紹介出来ればと思います。

上記のポイントでの釣り方ですが、どのポイントも共通しているのが、明るい時間帯はジグ、ワインド、暗くなって浮き釣り、テンヤ釣り。といったパターンとなっています。

これが良い。という釣り方は正直ありません。あなたの得意な釣り方で攻めてみて下さい。

私個人的には、ワインドや、浮き釣り、テンヤ釣り一通りしましたが、テンヤ釣りが一番に感じています。

理由として、マズメ時と夜間になってからはタチウオの捕食スピードが変わってきます。それに応じて釣り方を変えたり、釣行時間を変えたりしていましたが、テンヤ釣りは時間帯に左右される事なく釣れる釣法です。

それに手返しが良いのもメリットです。私はテンヤ釣りに変えて上記のポイントで場所関係なく釣果が上がりました。

是非テンヤ釣りで、又は、あなたの得意な釣り方で、ご紹介した和歌山のメジャーポイントへ釣行し、メータークラスのドラゴンタチウオに挑戦してみて下さい。それだけのポテンシャルがここにはあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました