【必見】東京湾で釣れる魚を全種類紹介!東京湾おさかな辞典!

東京湾で釣れる魚を全種類紹介!必見、東京湾おさかな辞典!

皆さん、釣りはよくしますか。それともこれから始めようと思っていますか。「魚が釣れても名前がわからない」「毒はあるのか」などの情報は、釣りして間もない人や、知らない土地で釣りをする人にとって重要なものだと思います。

また、近年、人々の自然離れが進んでいるといわれています。「サケは水の中でどのような形だと思いますか。」という質問を子どもたちにすると、切り身の形だと答える人も多いそうです。そんな子たちの知識になればという思いも込めて、こちらの記事を書かせていただきました。東京で釣りをする方、親子で東京の魚について学びたい方など、様々な方に読んでいただけると幸いです。

東京湾で釣れる魚をご紹介!

早速ですが、東京湾で釣れる魚について解説します。知らない魚が釣れてもこれを見ていただければきっと役立つことと思います。

アイゴ

岩場や堤防などから釣れることのある魚です。場所に対応して体色が微妙に異なることがあります。もっとも覚えておくべきことはヒレに毒をもっていることです。背、尻、腹ビレにある毒針は刺されると激しい痛みを伴います。注意しましょう。

アイナメ

主に岩礁やテトラポットなどに身を潜めて生息しています。環境に合わせて生息するため、若干赤みがかっていたり、黒っぽくなったりします。エビのような甲殻類や、イソメ類を捕食します。大きいもので体長は50センチを超え、釣り人の中では有名な根魚です。

アジ

家庭でよく食べる代表的な魚です。アジにも種類がありますがここではマアジについてお話します。回遊魚の代表例で、東京湾には春から秋にかけて入ってきます。ぜいごと呼ばれるとげ型のうろこが尾びれ付近にあります。旬のときの刺身は油のノリが非常によく絶品です。

イサキ

海藻が多く生えた岩場に身を潜めて生活しています。小魚やエビ類を好んで捕食し、夜間に活発であるという特徴があります。暖かい環境を好むため、夏から秋にかけて釣れる魚です。刺身でも、塩焼でも万人に愛される人気の魚です。

イシモチ

浅瀬の砂地に生息して、エビやイソメ類を捕食しています。釣りあげたときに「グーグー」と音を立てるが、それは体内にある浮き袋が振動しているからです。味は比較的薄ので、塩焼の場合は塩多めがよいと思います。私はムニエルをおすすめしますが。

イシダイ

磯場に生息しています。エビやカニ、貝などの殻をかみ砕いて捕食します。うっかり指を入れたりすると危ないです。釣り人の間では、ひきが強いことからこれをメインに狙う人がいるほどです。体色のしましまは成長するとともに消え、最後は黒くなります。

イワシ

日々群れを成して回遊しています。イワシにも種類がいくつかあります。体色は腹側が銀色、背中側が黒っぽくなっているのは上からや下からの攻撃されるのを防ぐためといわれています。また、釣りあげられた後は傷みやすいので保管の仕方は工夫しましょう。

ウマズラハギ

岩礁帯に主に生息している。エサ取りとして知られる魚で、嫌う人も多い。カワハギの仲間で、鮮度がよいものは身が締まっており非常に美味しいです。似ている個体にキタマクラいう魚がいますが、強い毒をもつので見分けようにしてください。

ウミタナゴ

海釣りではポピュラーな魚で、サビキ釣りをしているときに釣れたりします。堤防や、磯場などの海藻が多いところに生息しています。大きいものでは30センチほどになり、塩焼や煮つけとして食べると美味しいです。

エイ

水族館などにいる角が二本生えたようなエイではありません。釣りで釣れるエイは砂地に身を潜め、エビ類や、小魚を捕食しています。特に注意してほしいことはしっぽに毒針があることです。この毒針には釣り針の返しと同じようなものがついているため刺されると簡単には取れません。場合によっては死に至ることもあります。

カサゴ

主に岩場やテトラポットの陰で生活しています。足元の陰にいたりもするので思いがけない場所で釣れることもあるようです。カサゴは小魚やエビ類を食べて生活しています。成長時間がかかるので小さいものはリリースしてあげてください。

カマス

体は細長いですが、普段は小魚を捕食するフィッシュイーターです。夏や秋が旬といわれています。防波堤などでよく釣れるので、アジやイワシとともに混じって釣れることもあります。実際はそのアジやイワシを狙いに来ているのですが。

カレイ

「左ヒラメに右カレイ」という言葉は皆さんも聞いたことがあると思います。砂地に生息しており、環境に擬態して生息しています。イソメ類や小型のエビ類を捕食しており、普段小魚を食すヒラメとは捕食するものも異なります。

カワハギ

皮が剥ぎやすいことから「カワハギ」という名前がついた魚です。平たくザラザラの皮、小さいヒレにおちょぼ口が特徴的な魚です。この小さいヒレのおかげで体を細かくコントロールし、水中の餌を止まって食べれるため釣り人は気づかない間に餌をとられることがしばしばあります。これが餌取りと言われる所以です。カワハギの肝和えは有名ですね。

キタマクラ

先ほど紹介したキタマクラですが、体長は比較的小さめで15センチ程度でしょう。外道として釣られますが、かたい歯を備えているため糸を切られることも多く迷惑な魚です。食べることにも向いておらず皮に猛毒を持ち、死に至る可能性もあります。

キュウセン

カラフルな体色をした魚です。一見危険そうな色に見える子もしれませんが毒は全く持っておらず、空揚げにするとおいしいです。体にぬめりがあるので、直接触るのはあまりおすすめしません。

クロダイ

磯場や、堤防の隅に隠れています。名前に“タイ”がつくようにマダイと味も遜色なく、マダイより陸から釣れやすいことから非常に人気の釣り魚です。大きいもので50センチを超え、海底に引き込むようなひきは釣り人を虜にし続けています。

ゴンズイ

普段群れを成して行動している。これはボール型に密集しており「ゴンズイ玉」と呼ばれています。胸ヒレと背びれには毒があり、刺されると激しい痛みを伴い呼吸困難に至る場合もある。食べれもするようですが、リスクを考えればおすすめはしないです。

サバ

背中側に独特な模様があるのが特徴的です。東京湾では夏にアジなどに混じって釣れることがよくあります。サバ類は鮮度の落ちが極めて早いため、釣りあげた後の処理が非常に大切です。塩焼や、味噌煮が有名ですよね。

サヨリ

細長い体で、下唇が長く出っ張っており赤くなっているのが特徴的な魚です。似た魚にダツという魚がいますがそちらは上唇が長いのが特徴です。群れを成して生活しており、プランクトンを食べている。エラの後ろに寄生虫がよくいるが、人が食べても害はないそうです。

サワラ

ルアーフィッシングで人気の対象魚です。体長は大きいと1メートルを超え、鋭い歯を持っています。春が旬であり、その証拠に漢字では鰆と書きます。新鮮なうちなら刺身でも食べられますが、傷みやすい魚ですので注意が必要です。

シマアジ

名前にアジがつくように付くようにアジの仲間です。大きいもので1メートルを超え、こちらもルアーフィッシングで人気の魚です。食の面では高級魚同様に扱われ、刺身を中心に何にしても美味しいです。

シロギス

投げ釣りの定番のターゲットです。砂地に生息し、小エビや、イソメ類を捕食して生息しています。全身が白っぽい色をしており美しく、きれいです。やはり食べ方は、有名なてんぷらをおすすめします。

ソウダガツオ

ヒラソウダとマルソウダに分けられます。いずれもサバの仲間ですので鮮度の落ちが早いです。注意する点はマルソウダの方は中毒を起こしやすいので刺身やたたきなど生で食べるのはやめてください。

スズキ

ルアーフィッシングで最もポピュラーな魚です。川の河口付近や、砂地、磯場など小魚などを追いかけて比較的どこにでもいる魚です。40センチまでをセイゴ、60センチまでをフッコ、70センチ以上をスズキと言います。(地域によってサイズと呼び名は異なります。)

シーバスなどとも呼ばれ、ゲームフィッシングとしてとても人気の魚です。

タチウオ

全身銀色の細長い体を持つ魚です。刀のように見えるから“太刀魚”と書きくようです。(名前の由来は諸説あります。)驚くほど鋭い歯を備えており、普段はそれを使って小魚を捕食します。

ネンブツダイ

よく釣れる外道のうちの一つです。ピンク色体色をしており、体長に合わず口が大きいことが特徴です。針を飲み込んでしまったり、餌を無駄に取られたり厄介極まりないです。一応、食べることができるので小骨を感じにくい空揚げをおすすめします。

ハオコゼ

見するとカサゴに見えなくもない魚です。しかし、ハオコゼのヒレのとげには毒があります。触らないように気を付けてください。おでこが少し前に出ているようなところが目印です。

ヒラマサ

アジの仲間で、その中でも最大級の魚。見た目はブリと似ているように見えますが、黄色いラインが体の真ん中に伸びているところで見分けてください。肉食で、小魚を追って生活しています。美味しい魚ですので、是非刺身にして食べていただきたいです。

ヒラメ

40センチメートル以下はソゲと呼ばれる。砂地に生息しており、イワシやアジなどを捕食する。カレイと同じように砂に隠れて生活していますが、餌のためなら海面くらいまで上がってくることもあるようです。淡白な白身は、刺身で食べると絶品です。釣りあげた後は鋭い歯にご注意ください。

フグ

クサフグをはじめとし、アカメフグやハコフグ、トラフグなど種類は様々です。釣りあげられた後膨らむ感じはかわいいです。ですが歯は強力で、糸をかみ切ってしまうことはよくあります。また免許がない場合はさばくことも禁止となっています。内臓に「テトロドトキシン」という強烈な毒をもっているので決してお店以外では食べないようにしてください。

ブリ

20センチ以上をワカシ、40センチ程度までをイナダ、70センチ程度までをワラサ、それ以上をブリと言います。出世魚の代表例です。イワシやアジを追いかけて生活し、回遊しています。夏から秋にかけて東京湾には回遊します。

マゴチ

砂地に生息し、上から落ちてくる餌を捕食しています。ヒラメなどと同じような環境で釣ることができ、サーフルアーでは人気の対象魚です。平たい魚(フラットフィッシュ)ですので食べる際、さばくのが難しいです。

マハゼ

「マハゼは東京湾で有名」と「釣りバカ日誌」で聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

ハゼの種類は様々ですが、ここではマハゼのみ紹介します。砂場、泥地に住み、エビやイソメ類を食べて生活しています。場所によってはハゼを専門に狙う人もいるほど投げ釣り、脈釣りの人気の対象魚です。

メジナ

関西のほうでは「グレ」とも呼ばれており磯釣りの人気魚です。全身青緑っぽい体をしており真っ黒な目を持っています。オキアミやコマセを用いて釣るのが一般的です。スーパーなどでは売られていない魚ではありますが、塩焼にして食べると非常に美味しいです。

メバル

岩場に群れを成して生息しています。エビやイソメ類、ときには小魚を捕食します。夜行性なので夜の活動が活発で、そのためか目が大きく発達しています。春がメバルのシーズンで定番ではありますが煮つけにするのをおすすめします。成長が非常に遅い魚ですので、小さいサイズはリリースしていただけると幸いです。

まとめ

東京湾は数年前は工業排水などで一時は魚が減少しましたが、近年では再び多くの魚が生息しており、釣り人も多く見かけます。

魚についての知識を付けると、釣りの楽しさが倍増します!この記事で身につけて知識を生かして、東京湾での釣りを楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

【厳選】東京でおススメの釣り堀をご紹介!手ぶらで楽しめる人気の釣り堀
東京で釣りを楽しみたい!そんな方に東京にあるおススメの釣り堀をご紹介します!家族や友達、カップルでも、手ぶらで気軽に楽しめる釣り堀を厳選してご紹介いたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました