【入門】トラウトルアーフィッシングを始めよう!

トラウト
出典:pixabay

トラウトルアーフィッシングを始めよう!

TheDigitalWay / Pixabay

トラウトルアーフィッシングを始めよう!

トラウトルアーの魅力

トラウトルアーの魅力は、トラウトという警戒心の強い魚を、ルアーという疑似餌を操って、釣るというところだと思います。

トラウトは針にかかるとダイナミックな引きをするので、釣れた時にルアー竿とリールで、バラさないように駆け引きすることも大きな魅力の一つだと思います。

トラウトルアーは難しい?

トラウトルアーは難しいと言う方が多いですが、自然で生きている魚相手に、ルアーという疑似餌を用いて勝負を持ちかけるわけですから、そう簡単には釣れません。

トラウトルアーは「ルアーをいかに自然にアクションさせ、トラウトにバイトさせるか」が重要です。これができるようになるまでは少し時間がかかるかもしれません。

トラウトルアーで釣果を出すには、根気強く研究と練習を続けることが重要です。研究と練習を続け、釣果が上がった時の喜びは計り知れません。

トラウトルアーで必要なもの

トラウトルアーで必要なものは

  • ルアーロッド(竿)
  • リール
  • ライン(糸)
  • ルアー
  • ラインカッター(糸を切るカッター)
  • ウェーダー(胴長靴)

です。ルアーを始める方は、初心者向けの入門セットがあるので、そちらを購入することをおススメします。慣れるまでは入門セットを使ってください。

また、最初は小さい川から始めましょう。大きい川は、川が広い分、魚が分散しているため、魚のついている場所に見当をつけるのが難しいです。大きい川は慣れてから挑戦しましょう。

おススメのルアー入門セット

ルアーフィッシングのやり方

ルアーフィッシングの基本的な手順は

  1. ルアーをラインに結ぶ
  2. リールのベールを上げて、ルアーをキャスト
  3. 適度な速さで巻く

使うルアーにもよりますが、基本的にこの繰り返しです。

リールを巻く際は、速すぎると魚が追ってこれないので、魚が追ってこれる速度で巻いてください。遅いほうがいい時や、速めのほうがいい時があるので、それはいろいろ試してみてください。

ルアーの種類

ルアーは主に、小魚や虫などを模して作られています。素材は、プラスチックや金属などの硬い素材(ハードルアー)や、ポリ塩化ビニールなどでできた柔い素材(ソフトルアー)で出来たものなど様々です。

ルアーの種類①スプーン

スプーンは有名なルアーの一つで、金属を曲げて作られており、非常なシンプルな作りをしています。スプーンは使う場所によって重さや形を選択します。シンプルな作り故に、難しく、使えば使うほど奥が深いルアーとも言われています。

出典:amazon.com

ルアーの種類②ミノー

次に紹介するのは「ミノー」というハードルアーです。ミノーは小魚に似せたルアーで、口のところにリップというものが付いており、リップが水をかむことによってルアーが魚のようにゆらゆら泳ぐ(ウォブリング)仕組みになっています。

リップによって泳ぐので、リールをただ巻く(タダ巻き)だけで魚を誘うことができますので、初心者の方におススメのルアーです。

出典:amazon

ルアーの種類③ スピナー

スピナーは先端にブレードがついており、リールを巻くことによってブレードが回転するルアーです。重さは数グラム程度なので、主に渓流等の小規模の川で使用されます。ただ巻で小さい魚から大きい魚までコンスタントに釣ることができるので、初心者の方におすすめのルアーです。

出典:amazon



 

ルアーフィッシングはお金がかかる?

ルアーフィッシングにはルアーがないと始まりませんよね。そのルアーですが、意外と値段が高いのです。

各ルアーの平均相場
  • スプーン:600円
  • ミノー:1,500円
  • スピナー:600円

ルアーを始めたばかりの時は、キャスティングが安定しないので、木に引っかけたり、対岸まで投げてしまったり、川底に引っかかったりと、ルアーをロストしてしまいがちです。

最初はルアーロストでお金がかかってしまうかもしれませんが、やってるうちにロストは減っていくので、怖がらずにどんどん挑戦してみましょう。

最初はルアーフィッシング上達のために投資するのです!

ルアーは自作できる?

単価が高いルアーですが、自作することができます。ミノーは、バルサ材という木材で作ることもできますし、今は自作キットも売っていますので、初期投資さえすれば、長い目でみると安くなるかもしれませんね。

 

View this post on Instagram

 

横山三成さん(@black_cat_lures_)がシェアした投稿

自分で作ったルアーで釣れた時の喜びは格別です。

トラウトルアーを始めてみませんか?

Jee1968 / Pixabay

この記事を読んで、「なんだか難しそう」と思ったとしても、トラウトルアーを始めたいと思っている方は、ぜひ始めてほしいです。

ルアーで最初の一匹を釣ったその瞬間から、あなたはトラウトルアーの魅力にのまれてしまうこと間違いありません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました