スピニングとベイト 結局どっちのリールがいいの?

ソルト
出典:pixabay

リールにはスピニングリールとベイトリールがあります。初心者の方もそうでない方も「結局どっちがいいの?」と悩んでいる方がいるかと思います。ということで、今回は、

  • スピニングリールとベイトリールの違い
  • スピニングリールとベイトリールのメリット・デメリット
  • スピニングリールとベイトリールに適した釣り

についてお話していこうと思います。

スピニングリールとベイトリールの違い

スピニングリール

スピニングリールは見たことがある人が多いのではないでしょうか。それもそのはずスピニングは一番オーソドックスなリールです。スピニングリールは、スピニング専用のロッドに取り付けて使用します。スピニング専用のロッドは、ガイドが下向きについています。

ベイトリール

ベイトリールはよく「バックラした」とよく耳にする「バックラッシュ」というラインがぐちゃぐちゃになっているのを見て「扱いづらそう」などと思われる方も多いと思います。それはベイトのデメリットの一つですが、メリットが多くあります。ベイトリールはベイト専用ロッド(ガイドが上向き)に取り付けて使用します。

スピニングリールとベイトリールのメリット・デメリット

スピニングリール

メリット

  • 誰でも簡単に扱うことができる(なんなら小さい子どもでも教えれば使える)
  • 水が内部に浸入しづらい
  • ハンドルを左右で交換できる
  • 価格がベイトより安め
  • コンパクトな振りでルアーを飛ばせる

正直、スピニングの最大のメリットは、扱いが簡単というところにあります。初心者にはスピニングがおススメと聞いて使い始め、今現在も使いやすいスピニングを使っているという方も多いのではないでしょうか。

デメリット

  • 糸ヨレが発生してガイドに絡みやすい(出ている糸に対して直角に巻き取るため)
  • 構造上ベイトリールより巻きが重い(直角に巻き取るため)
  • 部品が多いため壊れやすい
  • ベイトよりピンスポットが狙いづらい(慣れれば問題ない)

ベイトリール

メリット

  • スプールとハンドルが平行なので巻きに力が伝わりやすい
  • スプールに対して平行に巻き取るので、糸ヨレが発生しない(太いラインも問題なし)
  • ピンスポットが正確に狙える

デメリット

  • ラインをいっぱい巻くことができない
  • 軽いルアーを投げるのには向いていない(軽いルアー専用のベイトフィネスは別)
  • サミングを正しく行わないとバックラッシュしてしまう。
バックラッシュとは?

バッククラッシュとは、ルアーをキャストする事によってラインが出ていく速度を、スプールの回転速度が上回ってしまう現象です。ルアーが着水したときに、サミングでしっかりブレーキをかけないと、ルアー着水後もスプールが回転し続けて、ラインがぐちゃぐちゃになり、バックラッシュの原因となってしまいます。

スピニングリールとベイトリールに適した釣り

スピニングリールに適した釣り

スピニングリールは誰でも簡単に使え、比較的安いので、サビキ釣りや投げ釣りなどに適しています。初心者の方や家族連れでの釣りではスピニング一択と言えるでしょう。

スピニングはコンパクトな振りでルアーを飛ばすことができるので、ラン&ガンの釣りにも向いています。バックスペースが取れない釣り場などではスピニングのほうがベターです。

初心者向けのスピニングですが、プロの方もスピニングを使用している人は多くいます。プロの方のスピニング操作技術は何度見ても感銘を受けてしまいます。

ベイトリールに適した釣り

ベイトリールは巻き取る力が強いということと、太いラインが使えるということから大物釣りに向いています。特に、ジギングにはベイトリールをおススメします。ターゲットが大きいということはもちろんですが、ジギングは上下の運動が多いため、ラインテンションを一定にしてくれるベイトリールが最適と言えます。ラインテンションが抜けやすいジギングでスピニングリールを使用すると、テンションが抜けた状態でラインが巻かれて、ライントラブルの原因となってしまいます。

軽いルアー専用に作られているベイトフィネスモデルのベイトリールでは、バス釣りやトラウトなどのピンスポットを狙う釣りに最適です。

正直なところ、ベイトはメリットがたくさんあるので、使い方をしっかりマスターする労力を厭わない方はぜひ使用してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました