おすすめのトラウトミノーを種類別に紹介!最強ミノーはこれだ!

トラウト
出典:ラパラ

おすすめのトラウトミノーを紹介!最強ミノーはこれだ!

今や、トラウトルアーで主流となっている「ミノー」。ルアーケースの8割はミノーが占めているトいう方も多いのではないでしょうか。

しかし釣り具屋に行くと、ものすごい数の品揃えのミノーに圧倒されて、どれを買ったら良いのかいまいち分かりませんよね。

ミノーは大きく分けると、表層、中層、低層の3つに分けられます。

「F」と書いてたらフローティング(表層)、「SP」はサスペンド(中層)、「S」と書いてたらシンキング(低層)。その中でも一番人気で使いやすいのはシンキングミノーで、品揃えも多いです。

また、シンキングミノーの中には、さらに沈む「ヘビーシンキング」「スーパーシンキング」「激沈」など、メーカーによって表記は様々ですが、水深のあるところで底をしっかり探れるミノーを数多く販売されています。

いろいろ種類があって選択に迷いますが、ミノー選択で重要なことは「自分の行くフィールドに合ったものを選ぶ」「季節や時間帯よる魚の活性を考える」ということが大事です。

この記事では、フローティング編シンキング編ヘビーシンキング編 に分けておススメのミノーをご紹介します。

おススメのミノーをご紹介!最強ミノーはこれだ!

フローティング編

フローティングミノーは表層を泳ぐミノーで、主に水深がないポイントや、魚が高活性の季節に使用します。夏の水温が上がる時期のトラウトは高活性になっているので、表層のルアーにも反応します。

フローティングミノーは、木製やプラスチック製など様々な素材が使用されています。

ラパラ Fシリーズ(Rapala)

出典:ラパラ

ラパラのFシリーズは傑作のフローティングミノーとして90年以上前に発売されてから今もなお多くの支持を集めています。ボディはバルサ材で造られているため着水音が静かで、立ち上がりが早く、トラウトの警戒心を下げてくれます。また、水馴染みの良さから、鋭いウォブリングを実現し、トラウトを誘ってくれます。

世界最高峰と言われる鋭い立ち上がりのキビキビとしたアクションは、弱った小魚の動きを巧みに演出してフィッシュイーターを魅了します。  引用元:ラパラ

ザウルス ブラウニー(SAURUS Brownny)

出典:ザウルス

ボディは最高級のバルサ材が使用されており、ボディ形状は細身に造られているため、激流の中でもバランスを保ち、水から飛び出さない優秀なミノーです。激流の大物トラウト狙いのトラウトアングラーから熱い支持を受けています。

バルサ材のデメリットである「飛距離不足」もなく、しっかり飛んでくれます。また、ボディがバルサ材であるため着水音も小さいので警戒心の強いトラウトを狙うには好条件のミノーです。

サイズは5cmから13cmの長さがあるため、様々なフィールド、ターゲットに対応することができます。

シンキングモデルもあります。

タックルハウス ツインクル(Tackle House Twinkle)

出典:Tackele House

ツインクルは木製で造られているため、立ち上がりの良さや水馴染みの良さがあるため、とても操りやすいフローティングミノーです。ウッド製でありながら飛距離にも優れ、着水後からのスムーズな泳ぎだしや繊細なウォブリングでトラウトを誘います。

シンキングタイプモデルもあります。

ウッドリーム アルボル(Woodream arbor)

出典:Woodream

アルボルは、ハンドメイド(手作り)プラグで有名なウッドリームと、ロッドメーカー「M-AIRE」の正影雅樹氏がコラボレーションしたルアーです。

正影氏のミノーイング人生で蓄積された知識、経験が詰め込まれ、パーツ、スイムテスト、カラーリングまで全てを監修した「最強のミノー」と言えます。

シンキングモデルもあります。

シンキング編

s

アイマ イッセン 45S MAX(ima issen)

イッセンは基本設計にアップストリームの少ない抵抗の中でも安定して平打ち(体を横にして泳ぐ)で泳ぎ、ダウンストリームでも水を切ってしっかり泳ぎ切ってくれるオールラウンダーのミノーです。

小さいボディながらも、アイに「エイト環」(アイが8の字)を採用しているため、50オーバーなどの大型トラウトとでもしっかりファイトするこができます。

イッセンは小さいボディながら基本設計がしっかりしていて優秀なミノーです。トラウトアングラーからは「イッセンは傑作ミノーだ」という声をよく聞きます。

イトウクラフト 蝦夷 type-Ⅱ

蝦夷type-Ⅱは、ファーストモデルから進化して、より一層キレが良くなり、繊細なヒラ打ちアクションが可能になったため、アップはもちろん、ダウンやクロス、瀬と瀬が入り混じる複雑な流れの中でもコントロールしやすい優秀なミノーです。

デュオ スペアヘッド リュウキ(DUO SPEARHEAD RYUKI)

出典:DUO

リュウキの最大の特徴は、コストパフォーマンスに優れていることです。通常のミノーより20%~30%ほど安価な値段で販売されています。お手頃な価格で販売されていますが、キレのあるアクションと安定した泳ぎでトラウトを誘います。タダ巻きでも十分にアクションしてくれるので初心者の方でも使いやすいミノーです。

安いのに釣れるミノー。まさに庶民の味方とも言えるコスパ最高のルアーですね。

ヘビーシンキング編

j

スミス D-コンタクト(SMITH)

出典:SMITH

D-コンタクトは釣り具やに行くと必ずと言っていいほどありますよね。それもそのはず、D-コンタクトは定番のトラウトミノーとしてとても人気があるミノーなのです。

普通のミノーの場合、トゥイッチ等のアクションで 動く→止まる→動く→止まる を繰り返し、「止」の時に浮力で姿勢を立て直そうとしますが、前には進みません。しかし、D-コンタクトは慣性の法則で姿勢を立て直しながらもねじれながら進む「慣性スライド」で安定したアクションをすることができます。また、ダウンストリームでも流れから飛び出さないため、最後までルアーを泳がせることができます。この安定したアクションからシンキングミノーとして大人気です。

ハルシオンシステム 月虫<激沈>(Halcyon system)

月虫(げっちゅう)激沈は、月虫シリーズのヘビーシンキングモデルとしてラインナップされているルアーです。激沈は、ヘビーウェイトにより飛距離とフォールの速さに優れています。また、特徴的なボディ形状と大きなリップにより、派手なウォブリングを発せさせてトラウトを誘います。

水深があるところでは底をしっかり探ることができます。冬場の活性が低いトラウトにも有効です。また、流れがあるポイントでもしっかり泳いでトラウトを引っ張り出してくれます。

D3カスタム ダイビングダリア

北海道のルアーメーカーのD3カスタムから発売されているダイビングダリアは、小さくコンパクトなフォルムから、流れが強いところでも浮き上がりにくく、底をしっかり探ることができます。また、そのフォルムからは想像のつかないほどの派手なウォブリングで深場の大物トラウトを誘うことができます。

フィールドハンター ロージー・ゾーン80S(Field Hunter)

ロージー・ゾーン80Sは、自重が13gあるヘビーシンキングミノーです。水深がある場所での攻略をコンセプトに開発され、扁平ボディでヒラ打ち、ウォブリング、ローリングなど、深場を探るのに最適なルアーです。また、タングステン重心移動システムが採用されており、圧倒的な飛距離を持っています。

水深のある流れや、プールなどの深場からトラウトを引っ張り出すのにぜひ使いたいルアーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました