【鮭】北海道オホーツクでアキアジ(鮭)が釣れるポイント

ソルト

オホーツクエリアは北海道のなかでも特に鮭の魚影が濃いエリアです。シーズンの9月になると、道内各地はもちろん、道外からも鮭を求めてアングラーが訪れます。車のナンバーを見ると、地元ナンバーを探す方が大変な時もあります。

「人が多くて釣りできない」ということが多々あると思いますが、人の量と釣れている量は比例するケースが多いです。「人が多い」と頭ごなしに言うのではなく、人の量を状況を図る指標とするのも手だと思います。適度な人の量はとても大事です。

オホーツクエリアが鮭釣りで賑わう理由は、魚影が濃いだけではありません。管外から来た方の話を聞くと「オホーツクの鮭はデカい!」「オホーツクの鮭は美味い!」などと、口を揃えて言います。

今回は鮭釣りの聖地オホーツクで鮭が釣れるポイントをご紹介します。

※注1 釣り場混雑を避けるため、今回はポイントの優劣はつけません。ご了承ください。

※注2 ◎=やりやすい 〇=できる ×=できない(もしくはやってる人いない)

※注3 本文では釣り場の規制等に触れていますが、詳しくは道で発行している最新のフィッシングルール」をご確認ください。

網走市

網走市は言わずと知れたアキアジ釣りの聖地です。しかし、近年は様々な要因により、釣り場が閉鎖されたり、魚の数自体が減るなど、アキアジ釣りのフィールドとしての網走はかつてのような活気を失いつつあります。

魚の保護、釣り場の存続のためにも釣り人一人一人がルールやモラルを守って釣りをしていけたらなと思います。

 

アキアジ釣りで有名な網走は、下記の図のとおり規制が多いです。釣りをする前にしっかり確認をしましょう!

出典:網走市

二つ岩(バイラギ川河口)

網走の観光スポットである、二つ岩の近くのポイントです。バイラギ川という小さい川があるため鮭が岸寄りすることがあるようです。ポンバイラギ川という川もあるので間違えないようご注意ください。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/やっている人はあまり見たことない
●底/砂
●人の量/そんなに混雑しない
●河口規制/なし

能取漁港

能取漁港は「能取地区」「卯原内地区」「二見ヶ岡地区」の3つあります。

能取湖は6月1日から8月31日までサケ・マスの採捕規制がありましたが、平成30年9月1日より、能取湖は海面指定となったため、規制がなくなりました。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/×
●底/不明
●人の量/情報次第
●河口規制/なし
●備考/風が強いことが多い

能取湖口

能取湖の湖口とは、能取湖にオホーツク海の海水が流れ込んでいる場所です。

※能取湖は6月1日から8月31日までサケ・マスの採捕規制がありましたが、平成30年9月1日より、能取湖は海面指定となったため、規制がなくなりました。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/やっている人はあまり見たことない
●底/不明
●人の量/情報次第
●河口規制/なし
●備考/風が強いことが多い

帽子岩サーフ

網走市の道の駅「流氷街道網走」の裏にあるサーフです。サーフは立入禁止ではありません。テトラ沿いでは浮きルアーやフカセをやっている人もいますが、ぶっこみの人が多いです。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/◎
●底/砂
●人の量/そこそこ多い
●規 制/なし

帽子岩道流堤

サケマス採捕禁止区域(12月10日まで)ではありませんが、通年立入禁止です。

釣りをしている人がいますが、絶対に真似をしないでください。逮捕者も出ています。

第1埠頭

12月10日までサケマス採捕禁止区域です。立入禁止のところもあります。

第2埠頭

12月10日までサケマス採捕禁止区域です。立入禁止のところもあります。

第3埠頭

12月10日までサケマス採捕禁止区域です。立入禁止のところもあります。

第4埠頭

網走といえば第4埠頭という人も数多くいましたが、現在の第4埠頭はいつでも釣りができるわけではなく、ゲートが開いているときしか釣りができません。

ちなみに、令和元年は工事のため1度もゲートが開きませんでした。

第5埠頭

サケ・マス採捕禁止区域(12月10日まで)ではありませんが、通年立入禁止です。

第6埠頭(外側)

サケ・マス採捕禁止区域(12月10日まで)ではありませんが、通年立入禁止(外側)です。正式名称は「新港小型船だまり」と言いますが、第6埠頭と俗称がついています。

鱒浦漁港

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/×
●底/不明
●人の量/情報次第
●規制/なし

藻琴川河口

藻琴湖から流れ出ている川の河口です。河口の真横は浮きルアーやフカセ組がいて、その周りはぶっこみの竿がずらりと並んでいます。「河口の真横はルアーとフカセの場所」みたいな暗黙の了解というか、秩序があるようです。

川に向かってやってる人もいますが、もちろん違法行為です。みんなやってるから大丈夫などと思わないでください。逮捕者も出ています。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/○
●ぶっこみ/×
●底/砂
●人の量/シーズン最盛期は多い
●河口規制/8月31日まで(9月1日解禁)

濤沸湖河口

濤沸湖から流れ出ている川の河口です。浮きフカセが多く、浮きルアーがやりずらいと聞きます。

●浮きルアー/〇
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/×
●底/砂
●人の量/シーズン最盛期は多い
●河口規制/なし

北浜サーフ

網走市の北浜という地区にあるサーフです。ぶっこみがメインの釣り場です

●浮きルアー/〇
●浮きフカセ/○
●ぶっこみ/◎
●底/砂
●人の量/多い
●規制/なし

小清水町

止別川河口

アキアジ釣りのメッカとして、大人気の釣り場でしたが、令和元年より河口規制が12月10日までとなりました。12月10日の解禁を楽しみにしている人もいるようです。

止別川河口規制延長により、他の各釣り場が混むなどの影響もでているようです。

斜里町

斜里漁港

斜里町前浜にある道流堤のポイントです。横には砂浜もあります。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/◎(道流堤横の砂浜なら可能)
●底/砂
●人の量/シーズン最盛期は多い
●規 制/なし

遠音別川河口(ウトロ)

令和元年より施行された、止別川河口規制の延長(12月10日まで)により、人が流れたため、大変混雑する釣り場です。

初心者の方にはおすすめできません。状況は止別川河口と同じです。隣の方がくっつきそうな感じです。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/〇(河口から離れた場所で)
●底/石、岩
●人の量/かなり多い
●河口規制/8月31日まで(9月1日解禁)

幌別川河口(ウトロ)

道の駅「シリエトク」を越えて知床峠入り口の坂の手前にある川です。駐車スペースがないため、どこかに車を停めて行くしかありません。自転車やバイクで行く人もいます。

熊が頻繁に出現するため注意が必要です。釣り場には「熊ノート」という、前にいつ熊が出たかを記録しているノートがあります。

熊により過去に釣り場が閉鎖された経緯があり、オレンジの腕章を付けるや、荷物やゴミの取扱など、ルールがありますので、しっかり守りましょう。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/〇(河口から離れた場所で)
●底/岩、石
●人の量/多い
●河口規制/なし

北見市(常呂町)

常呂漁港

北見市常呂町にある漁港です。基本的に人が多いのもありますが、場所取りなどモラルが低い印象を受けます。場所取りとは具体的に言うと、前日から自分の道具(バケツ・タモなど)を釣り場に置くことです。

過去には場所取り荒らし(道具を全部海に捨てられる)が何度かあったようです。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/○
●ぶっこみ/×
●底/砂
●人の量/シーズン中は多い
●河口規制/8月31日まで(9月1日解禁)

佐呂間町

富武士漁港(とっぷしぎょこう)

佐呂間町にある富武士漁港です。読み方は「とっぷし」と読みます。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/×
●底/砂
●人の量/少ない
●河口規制/8月31日まで(9月1日解禁)

湧別町

湧別漁港

湧別町の湧鮮館という鮮魚店の近くにある漁港です。河口規制のため12月10日までアキアジ釣りができませんのでご注意ください。

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/×
●底/不明
●人の量/シーズン終盤しか釣りができないため少ない
●河口規制/12月10日まで

紋別市

紋別漁港

●浮きルアー/◎
●浮きフカセ/◎
●ぶっこみ/×
●底/不明
●人の量/シーズン中は多い
●規 制/なし

まとめ

サケ釣りのメッカ(聖地)道東にはサケ(アキアジ)が釣れてるポイントがたくさんあります。

大人気のポイントも多く、初心者や遠征者の参入を拒むような大混雑ポイントもあります。魚影が濃いだけに、トラブルなども時々発生してしまいます。

初めて遠征する方や初心者の方は、しっかり情報収集してから釣行してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【厳選】ウキルアーにおすすめの鮭釣りロッド5選!軽いは正義
サケ釣りロッドで選んでいませんか?私は「サケ釣り専用ロッド」ではなく「シーバスロッド」をおススメしています。この記事ではおススメの鮭釣りロッド5本をランキング形式で厳選してご紹介します。サケ釣りロッド選びで悩んでいる方は必見です。
【鮭釣り】ウキルアーでサケが釣れる瞬間ってどんな感じ?
ウキルアーで合わせるタイミングが分からないという方いませんか?本記事では、ウキルアーで鮭がアタル感覚や、合わせるタイミングについて詳しく解説します。「アタリが分からない」「のらない」「バレる」などとお悩みを持っている方は必見です。
【入門】鮭(アキアジ)釣り方3種類を詳しくご紹介!
秋が旬の魚の絶品魚「アキアジ(鮭)」。毎年秋になると海にたくさんの釣り人が集まりますが、砂浜で釣っている人、港で釣っている人など、さまざまですよね。アキアジの釣り方は主に3種類あります。今回はアキアジ釣りを始めるなら絶対に知っておきたいことを詳しくご説明します!

コメント

  1. 匿名 より:

    二つ岩海岸ですが、混雑の中フライをひたすら振り回す一向のせいで初心者におすすめの釣り場とは言い難かったです…

  2. 和田薫 より:

    道の駅の裏の帽子岩サーフ規制無しとありますが、地図を検索して確認すると道の駅の裏は網走川ではないでしょうか? 帽子岩は「網走港進入等禁止区域図」を見ると捕獲禁止区域だと思うんですが。

    • fishing_no_susume より:

      和田薫さま

      コメントいただきまして誠にありがとうございます。
      分かりずらい書き方で大変申し訳ございません。
      網走港進入等禁止区域図をご覧いただきますと、「緑」が川となっていますので、捕獲禁止となっています。
      立ち入り禁止として赤くなっている帽子岩の堤防の延長線上、西にずっと伸びている白いところがサーフです。
      帽子岩以北かつ堤防より東側(紫)は捕獲禁止となっていますが、以南西側(白いところ)は釣ることができます。

      ちゃんと伝えると難しい書き方になってしまいますが、要は、網走港進入等禁止区域図の白い部分は進入することも釣ることできます。
      図が白地図なので、航空写真でサーフのを見てみてください。
      これはあくまでも私の推測ですが、紫はもろ鮭の通り道なので規制されいているのだと思います。そう考えると、帽子岩堤防の西側はかなり良いポイントですよね。ウキルアーとフカセなら、ゴムボートがないとしんどいと思いますがね…。
      またご不明な点がございましたらコメントください。

タイトルとURLをコピーしました