【道北】北海道の道北でワカサギ釣りができる場所を詳しくご紹介!

ワカサギ

北海道の道北でワカサギが釣れる場所

朱鞠内湖

朱鞠内湖(読み方:しゅまりないこ)は北海道を代表するワカサギ釣りのフィールドです。夏はトラウトフィッシングが有名で、幻の魚「イトウ」が釣れる湖として知られています。氷上トラウト釣りもやっているようです。

朱鞠内湖はトラウトフィッシングでも有名なため「撒き餌」が大きい魚を寄せてしまい、ワカサギが釣れないということもあるようなので注意してください。

●所在地/幌加内町(雨竜郡)
●時期/1月~3月
●道具レンタル/竿(仕掛けとエサ付き) 600円~
2人用テント 1,000円~、ソリ 300円~
●販売:エサ(さし)、仕掛け
●料金/大人1,100円、子ども550円
●駐車場/あり
●詳細サイト/朱鞠内湖公式サイト

桜岡湖(桜岡公園)

剣淵町の桜岡公園にある湖です。

●所在地/剣淵町東町(上川郡)
●時期/1月中旬~2月下旬
●道具レンタル/竿、仕掛け付き竿、ドリル(数量限定)
●販売:エサ(さし)、仕掛け
●料金/無料
●駐車場/車1台につき1,000円(剣淵温泉入浴券1人分)
●詳細サイト/剣淵町観光協会

かなやま湖(金山ダム)

イトウが釣れる湖として有名で、夏はトラウトフィッシングで盛り上がっていますが、冬はワカサギ釣りで賑わいます。

ツアーもあるので、初心者の方はそこからスタートしてみても良いかもしれません。

●所在地/南富良野町(空知郡)
●時期/12月下旬~3月中旬
●道具レンタル/なし
●料金/無料
●駐車場/あり

まとめ

いかがだったでしょうか。道北にはワカサギ釣りができるポイントが3カ所あります!
ワカサギ釣りは家族やカップル、友達など、釣り経験がない人でも楽しめるので、ぜひ気軽に行ってみてください!
そして、釣ったワカサギは天ぷらや唐揚げにして食べて、楽しみましょう!釣って楽しい!食べて美味しい!
冬のアウトドアにおススメです♪
また、車で行く際は、冬道の運転にご注意ください!
最後まで見ていただきありがとうございます!

あなたにおススメの記事♪

【北海道】ワカサギ釣りのおすすめスポットをご紹介
北海道にあるワカサギ釣りスポット、有名どころから穴場まで、「全て」「詳しく」ご紹介します。これから北海道でワカサギ釣りをする人必見です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました