【道東】トラウト王国 北海道!道東のおすすめ河川を紹介!

トラウト

【道東編】トラウト王国北海道!魚影が濃い道東エリアの河川を紹介!

トラウト釣りのメッカ!道東エリアの河川を紹介

道東エリアは、北海道の中でも特に魚影が濃いエリアです。広大な自然が広がる十勝や、オホーツク、そして手付かずの自然が残る世界自然遺産「知床」があるエリアとしても知られています。

オホーツクエリア

1.斜里川

出典:清里町

斜里川は、日本名山にも登録されている斜里岳を水源とし、清里町及び斜里町を流れ、オホーツク海に注ぐ水量豊富な河川です。

斜里川は水量と水温が安定していて冬でも凍結しないため、厳寒期でも多くの釣り人が訪れます。

主にアメマスがターゲットで、大きく体高のある個体が多く生息しています。中には70cmから80cmのモンスタークラスも潜んでいます。

魚影がとても濃く、筆者が以前入渓したポイントでは、イワナ、ヤマメが入れ食い状態でした。

観光スポットとして有名な「さくらの滝(清里町)」があることも有名です。

障害物(木)が多く、キャストしにくいポイントが多い印象を受けます。

・流 域 自 治 体   清里町、斜里町
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、ヤマメ、オショロコマ、イトウ
・よく釣れる魚    アメマス
・支流数               12河川
・橋の数     5本

斜里川は、8月1日~12月25日まで、河口からサケ・マス採捕捕獲施設(ウライ)までの区間は、すべての魚類の釣りが禁止されています。

2.渚滑川

渚滑川はニジマスの魚影が濃い、言わずと知られた有名河川です。

渚滑川を流れる滝上町は、ニジマス釣りを観光資源とし、町で滝上町渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース条例を制定してキャッチ&リリースを町の条例で定めるほど、ニジマスが有名です。各ポイントには釣りの案内看板が設置されているなど、初めての人でも安心して釣りをすることができます。

滝上町は山に囲まれた町であるため、熊の出没が多く確認されおり、至る所にに熊の標識が表示されているので、一人での入渓は避けましょう。

支流のサクルー川にもニジマスがたくさん生息しています。

滝西堰堤から下流端の開明橋までの30kmは、キャッチ&リリース区間となっていますのでご注意ください。

・流 域 自 治 体   滝上町、紋別市
・生  息  魚  種    ニジマス、アメマス、オショロコマ(上流域)
・よく釣れる魚    ニジマス
・支流数     22河川
・橋の数     22本

3.湧別川

湧別川中流

湧別川は、天狗岳を水源とし、遠軽町や湧別町を経てオホーツク海にそそぐ河川です。名前の由来は、イベ・オツ・イ[魚・豊富・所]から来ており、魚が豊富なところを意味しています。

ニジマスがとても多く生息しており、太い流れから飛び出してきます。ニジマスのジャンプが見たいときは、湧別川で決まりです。

・流 域 自 治 体   遠軽町、湧別町
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、ヤマメ、オショロコマ(上流域))
・よく釣れる魚    ニジマス
・支流数     15河川
・橋の数     16本

4.網走川

網走川は阿幌岳を水源とし、津別町および美幌町、網走市を流れ、網走湖を経由してオホーツク海に流入する河川です。

・流 域 自 治 体   津別町、美幌町、網走市
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、オショロコマ(上流域)
・よく釣れる魚    ニジマス、アメマス
・支流数     24河川
・橋の数     14本

5.常呂川

常呂川上流(置戸町)

常呂川は、三国山を水源とし、置戸町、訓子府町、北見市を経てオホーツク海にそそぐ河川で、オホーツクで一番大きな河川です。

アメマスやニジマスが多く生息しています。

筆者は以前、55センチのニジマスを釣ったことがあります。中流域(北見市)では70オーバーのお化けニジマスが釣れたということも聞いたことがあります。

・流 域 自 治 体   置戸町、訓子府町、北見市
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、オショロコマ(上流域)
・よく釣れる魚    アメマス、ニジマス
・支流数     56河川
・橋の数     30本



釧路エリア

阿寒川

阿寒川は、阿寒湖を水源として元阿寒町(現釧路町)を流れる河川です。阿寒湖漁業協同組合が管理しており、魚影がとても濃く、50から60オーバーのニジマスとの勝負を楽しむことができます。

阿寒湖流出口~雄観橋下流端はキャッチ&リリースエリアに設定され、ルアー・フライでの釣りのみ可能で、エサ釣りは禁止となっています。(雄観橋下流端~ピリカネップ取水口はエサ釣り可能)。ルアーもフライも、シングルフックのバーブレス1本、フックサイズ25mm以内と決められてます。

いつ行ってもニジマスがいる」と言っても過言ではないくらい魚影が濃いので、「絶対釣りたい」「道外から来た」という方に是非行ってほしい河川です。

阿寒川および阿寒湖での釣りは遊漁券の購入が必要です。

詳細HPhttp://www.koudai-akan.net/fishingland/rules.html

・流 域 自 治 体   釧路市(旧阿寒町)
・生  息  魚  種    ニジマス、アメマス
・よく釣れる魚    ニジマス
・支流数     19河川
・橋の数     16本

茶路川

茶路川は白糠町を流れる河川です。アメマスが有名で、昔はアメマスとアメマスが重なり合うくらい生息しており、全国的にも有名でした。

現在は数は減ったものの、今もアメマスがよく釣れるため、全道からアメマスを求めて釣り人が集まります。

・流 域 自 治 体   白糠町
・生  息  魚  種    アメマス
・よく釣れる魚    アメマス
・支流数     14河川
・橋の数     14本

釧路川

釧路川は、屈斜路湖を水源とし、釧路町を流れて太平洋へそそぐ河川で、釧路湿原を流れているため、湿原河川とも呼ばれています。

大きな特徴は、ダムなどの人工物が一つもないことです。その特徴から、ボートやカヌーでの釣りが有名です。また、冬でも川が凍らないので「凍らない川」として、厳寒期も各地から釣り人が訪れ、年中釣りが楽しまれている河川です。

主にアメマスが釣れ、大きい個体だと70~80cmのドーナツマークの付いた大きいアメマスを釣ることができます。

4月には釣り具ショップ「ランカーズ釧路」が主催する、釣り大会が行われています。

・流 域 自 治 体   釧路市
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、イトウ
・よく釣れる魚    アメマス
・支流数     38河川
・橋の数     6本

十勝エリア

十勝川

十勝川は、十勝岳付近を水源として1市7町の自治体を流れて太平洋へ注ぐ、流域面積は全国で6番目に大きく、156kmにも及ぶ広大な河川です。川幅も広く、遠投しても対岸に届かないほどです。

本流にはモンスタークラスのアメマスが生息しており、ニジマスも多いです。

・流 域 自 治 体   新得町、芽室町、帯広市、音更町、幕別町、池田町、豊頃町、浦幌町
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、イトウ、オショロコマ(上流域)
・よく釣れる魚    アメマス、ニジマス
・支 流   数   122河川
・橋   の   数   24本

利別川

出典:じゃらん

利別川は、東三国山を水源として4町の自治体を経て十勝川と合流する、ニジマスがよく釣れる川です。

利別川は雨による影響を受けやすく、増水や濁りで釣行を阻まれることが多いですが、そんなときはニジマスの楽園とも言われる支流に入りましょう。

・流 域 自 治 体   陸別町、足寄町、本別町、豊頃町
・生  息  魚  種    アメマス、ニジマス、オショロコマ、イトウ
・よく釣れる魚    ニジマス
・支流数     9河川

音更川

出典:上士幌町

音更川は、音更山を水源とし、3町をの自治体を流れて、十勝川に合流する河川です。

ニジマスが多く生息しています。

・流 域 自 治 体   上士幌町、士幌町、音更町
・生  息  魚  種    ニジマス、アメマス
・よく釣れる魚    ニジマス、アメマス
・支流数     6河川
・橋の数     21本

トラウトが豊富な道東河川

道東には、トラウトが多く潜む河川がたくさんあります。

今回紹介した本流以外の支流や用水路のようなところにも、魚がたくさん潜むポイントが存在します。

時には本流河川が人気で、魚がすれてしまっていることがあります。そんなときは、支流を探してみましょう。

誰にも知られていない、トラウトがたくさん生息する、自分だけの釣り場が見つかるかもしれません。川を開拓していくのも、トラウトフィッシングの楽しみの一つです。

あなただけの釣り場を探してみてください。

あなたにおすすめの記事

【入門】鮭(アキアジ)釣り方3種類を詳しくご紹介!
秋が旬の魚の絶品魚「アキアジ(鮭)」。毎年秋になると海にたくさんの釣り人が集まりますが、砂浜で釣っている人、港で釣っている人など、さまざまですよね。アキアジの釣り方は主に3種類あります。今回はアキアジ釣りを始めるなら絶対に知っておきたいことを詳しくご説明します!
おすすめのトラウトミノーを種類別に紹介!最強ミノーはこれだ!
おススメのトラウトミノーを、フローティング、シンキングなど種類別に詳しくご紹介します。トラウトミノーはこれを選んでおけば間違いなし!釣り具屋にミノーを買いに行く前にこの記事をぜひ読んでください!
【ヒグマに注意】北海道の釣り人に警告!ヒグマについて知っておきたいこと
北海道で川釣りを楽しんでいるみなさんは、ヒグマ対策はしていますか?ヒグマは体長2m以上にもなる猛獣で、日本で最大の哺乳類でもあります。そんな危険なヒグマについて、北海道の釣り人なら知っておくべきことや対策をご紹介します。



コメント

タイトルとURLをコピーしました