【鮭釣り】ウキルアーでサケが釣れる瞬間ってどんな感じ?

サケ釣り

浮きルアーでサケが釣れる瞬間ってどんな感じ?

鮭釣りを始めたばかりの人と一緒に釣行に行くと、「サケのアタリってどんな感じ?」と聞かれることが良くあります。

「釣ったことがない」または、何本か釣ったことがある人でも、サケのアタリの小ささ故に、よく理解していない人もいると思います。

サケのアタリは小さい

70㎝~80㎝の巨体であるにも関わらず、サケのアタリはとっても小さいです。

詳しく説明すると、手元に「コンッ、コンッ」と連続的もしくは一定の間隔で伝わってきて、ウキも同じように浮き沈みを繰り返します。これは場所によっても変わってきますが、大体こんな感じです。

見た目と相反して、加えてすぐに走らないのです。

波があると分かりづらい

波があると分かりづらく、ウキが引っ張られる感覚や、波の影響で底に当たったりします。それは時々サケのアタリに似ていることがあります。経験者なら分かりますが、始めたばかり方は、波があると見分けがつかず、合わせられないこともあるかもしれません。

合わせが難しい

いざ「コンッ、コンッ」とウキが沈んだ。ここで疑問に思うのが

「どのタイミングで合わせればいいんだ!」

ということではないでしょうか。コンッ、コンッの早い段階で合わせてしまった人の中には、「すっぽ抜けて乗らなかった…」という方もいるのでは…?

乗るか乗らないかは「運」

乗るか乗らないかは「運」次第。これに尽きます。

ウキが完全に沈んでから合わせるのが一番確実な方法、しかし、浅い沈みが断続的に続くとき、それは早い段階で合わせるべきなときもあります。なぜなら、浅い沈みが断続的に続くときは、ルアーを吐き出してしまう可能性が高いからです。待てば大きく沈むこともあるかもしれませんが、これは「運」です。また、これは漁港などの波がないところで起こりやすいです。

~サケ釣りの合わせるタイミングの分かりやすさ~
●サーフや外海などの波があるところ ⇒ ウキが大きく沈みやすく分かりやすい
●漁港などの波がないところ ⇒ 沈みが浅いことが多く、合わせるタイミングが難しい

様子を見て傾向をつかむ

上でもお話したとおり、合わせるタイミングを概ね理解するためには、とりあえずやってみるしかありません。

ウキの沈み方を見て、合わせてみる。魚が乗らずバラシが続くなら逆を試してみる。そうして、その釣り場の合わせのタイミングをつかみましょう。

 ウキの沈みが浅い

  1. ウキの沈みが浅い ⇒ 待つ ⇒ アタリが消える
  2. ウキの沈みが浅い ⇒ 早めに合わせる ⇒ 掛かる

 ウキの沈みが深い

  1. ウキの沈みが深い ⇒ 早めに合わせる ⇒ バレる
  2. ウキの沈みが深い ⇒ 少し待つ ⇒ 掛かる

まとめ

有名な釣り雑誌が言うセオリーとしては、「ウキがしっかり沈んでから合わせる」ですが、釣り場によってそれは違ってきますし、針で魚を釣る以上、掛かるか掛からないかは、運に尽きます。しかし、試行錯誤を繰り返して傾向をつかむことは可能です。

合わせるタイミングは釣果に大きく関わってくるポイントなので、ぜひ理解しておくべきだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【サケ釣り】入手困難!大人気のサケ(アキアジ)釣りルアー4選
「あのルアー使ってみたいけど、どこにも売ってない」。それもしかして入手困難のプレミアルアーかもしれません!この記事では入手困難なほど人気な鮭釣りルアーを4つご紹介します!釣具店でそのルアーを見つけた方は超絶幸運です。
【鮭】北海道オホーツクでアキアジ(鮭)が釣れるポイント
北海道の中でも特に鮭の数が多いオホーツク管内でサケが釣れるポイントを、有名どころから穴場まで全てご紹介します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました